コンタクト管理が出来ない!!コンタクトはめんどくさい。

私が視力の低下を自覚したのは小学生の頃でした。
→視力検査があるからね(×∀× )
それでも、徐々に視力が低下しているため自分の視力のヤバさに気付いていませんでした。

 

コンタクト管理

 

別に生活に困らないじゃんって。

 

でも、高校生になって乱視もあったため目を細くする私に両親がコンタクトするを購入。
コンタクトを装着すると世の中はこんなにもくっきりしているのかとびっくりした笑

 

 

失明すると親に脅されていたので、初めはコンタクトの管理はしっかりしてたんですが・・・

 

そのうちに・・・
*コンタクトはつけっぱなし
*洗浄は適当
*何日使用しているか不明

 

そんな事になっていませんか???

 

それは完全なる・・・
腐女子

 

そんな腐女子には・・・

 

コンタクト管理が向いてないピン

 

ピンレーシックに向いてる人

*裸眼でいたい!!
*装着したまま寝てしまう
*目が乾燥してしまう
*コンタクト管理ができない
*経済的にコンタクト購入が辛い
*眼鏡をつけていられない
*スポーツすることが多い
*視力で悩んでいる

レーシックって何?まずは手術内容を知る!

ピンレーシックとは・・・
レーザー(エキシマレーザー)を使用して、眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して 視力を回復させる手術です。

 

点眼麻酔

点眼消毒

 

フラップの作成

フラップ作成

 

 

屈折矯正

視力矯正

 

消毒

消毒

 

 

ピン施術時間は数分!!

個人の感想ですが・・・

施術後は、安静にしてからの帰宅になりますがサングラスをしているとは言え、散瞳(瞳を拡げる)剤を使用しているので眩しくて辛い。だから、運転して帰れないのです。でも、辛いのはそれだけでした。

 

 

更に知りたい方は

↓  ↓  ↓  ↓

レーシック

 

 

結論:レーシックをして10年。視力の低下なく経過良好。希望が叶う。

・レーシックしてみて思うこと。

 

個人的な感想ですが…
やっぱり裸眼が良い
何て快適なんだろ
何でもっと早くにしなかった〜涙

 

裸眼にうっとり

 

もし、生まれ変わってもレーシックしちゃうだろうな。
→もっと最先端の方法が出てきたら別ね笑

 

 

レーシック

→レーシックサイトを見て見る

 

 

って言っても、手術までは怖かった

 

 もし失敗されたら・・・
もし視力が回復しなかったら…
もし、目が見えなくなったら…
将来的に何か障害が出たら…

レーシックって怖いじゃん!!不安を取り払うために…

 

一般的にレーシックって怖い!!
レーシックに限らず手術って怖い!!レーシックが怖い
だからこそ、不安を振り払う事が大切!!
そのためにも・・・

コンタクト管理 病院選びが大切!!

 

*日本眼科学会が認定した【眼科専門医】が執刀しているか?
*手術前後に、綿密に検査を行ってくれるか?
感染症対策をきちんと行っているか?
治療実績が多いか?
*インフォームドコンセント(患者様に十分にかりやすく説明し、治療の同意を得ること)がなされているか?
*料金体系が明確か?
*手術後のアフターケアが万全か?
目は変えられないから、そんな目を触る事に不安があるのは当然です

 

ポイント手術が失敗したら見えなくなるの??
そんな不安があって当たり前!!
いい加減な管理をしている所に大切な目をまかせられるわけないですよね
だからこそ実績は大切なんです。

梅田でレーシック受けるならおススメはココ。

 

品川近視クリニック

厚生労働省指定先進医療 実施医療機関
詳細はコチラから。
案内レーシックの詳細から値段まで♪

 

案内レーシックで怖いのは2つ!!
 ・フラップがズレてしまうこと。
  →ズレると、再手術になります。
 ・感染を起こしてしまうこと
 →洗浄が必要なので再手術です

手術の治療費負担を減らす方法はある!

残念ながら、レーシックは医療保険対象外です。病気じゃないからね(つω`*)

 

でも、安いとは言えない…
(安すぎると逆に不安だったり…)

 

でも!!
 負担を減らすコトができる!!

 

ポイント1生命保険
→手術給付金の支給対象です。
生命保険、医療保険でレーシックが手術給付金の対象となっています。
給付金の対象、金額等は加入している保険の種類や契約内容によって異なります。

 

ポイント2医療費控除
→1月から12月までの間に本人または、家族(生計を1つにする親族)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。詳しくは、お住いの地域税務署にお問い合わせください。

 

ポイント3紹介すべし!!
 レーシックしたい人を紹介する!!
品川近視クリニックなら謝礼が出る☆
私も紹介されたんだぁ♪
満足

 

ちなみに・・・
今なら、遠近両用レーシックをモニター募集しているみたい。
まずは、自分の角膜が手術できるかチェック
予約フォーム

 

 

レーシックしてみて思うこと(個人の意見です)
まだコンタクトとか絶対損!!

 

コンタクトは、管理だけでなく費用もかかりつづけるでしょ??

 

でも、レーシックなら10万円程で視力を手に入れられるんですよ?
しないという選択肢がない・・・(個人の意見です)

 

コンタクト代金+保存液や洗浄液+α(コンタクトケースなど)がかかる。
1DAYって手もあるけど、その分コンタクト代がかさむ(´;ω;`)ウッ…

☆裸眼を楽しむ☆

眼鏡やコンタクトなんて不要!!
これが、レーシックの良さです裸眼最高

 

裸眼になってもオシャレは楽しめます♪
実際、私は、ダテ眼鏡やカラコンしちゃってます裸眼最高

 

☆ちなみにカラコンのおススメ☆
毎回4箱づつ購入するから、1箱代が安い♪
業界初!!カラコンお試しセット
今ならワンコイン500円!!

 

私だけでなく様々な体験談も大切
体験談ページ

 

眼鏡外しても視力は保たれてるし・・・
もしコンタクトトラブルにあって捨てても見える

 

 

最高じゃぁん播(d´∀`*)グッ!
裸眼最高

 

 

特に「スポーツのために」と考慮している人は、危険性が高すぎるので推奨できません。

 

レーシックの長所・悪い面良いところは、コンタクトやメガネを一時的に卒業可能な事です。
一生を左右する手術だという意識を持ち、しっかりと専門機構と話し合いし、心して決めてください。

 

水晶体が老化によって厚さをすり合わせできなくなる、つまりピントの調節パフォーマンスがなくなってくるのが老眼です。
いずれにせよ重要なのは、ちゃんとと両眼視検査をして、自身の目の現在地を知る事です。
未成熟だとリスクが上がりますし、老年期だと老眼などの問題も出てきます。

 

そのほか、レーシックを受けても後遺症に悩まされる事の少ない人の特色は・眼筋が強く、可動域と筋力が高い・コントラストを不可欠としない業務・危険性をはねのけられるメンタルなどです。

 

ただしそれは、ほんの一時的なものでしかないのです。
これを「斜位がある」といい、隠さなくてもズレている事例は特に「斜視」と呼んでいます。
「レーシックのせいで目が痛い」と常に意識してしまう事で、全てを見失ってしまうのです。

 

見通しのよい未来を夢見がちですが、長所ばかりに目を向けて勢いで受けてしまうのはリスキーです。
レーシックは「角膜を目の悪さに組み合わせてレーザーで削り、ピントを網膜に当てはめる」という手術です。
後戻りのできない手術だという事を、肝に銘じてくださいね。

 

レーシック手術の適応年齢は22?30歳くらいまででしょう。

 

水晶体がレンズ、網膜はフィルムの役割を果たしています。
レーシックは受けるべきか?レーシック手術を比較考量している人は、よく腹積もりてください。
目をそむけたくなるようなケースが数多に掲載されています。

 

「水晶体を通った光が、ぴったり網膜の上で焦点を結んでいる様子」、これが適性視力です。

 

カメラの仕組みに例えられることが多々あるですね。
レーシックを受けた方の50%以上が不具合を起こし、33%以上が手術後にメガネをかけなくてはならない状況になるという報告もありますが、日本にはなぜかその情報が到達しません。

 

そもそも水晶体は8歳から徐々に老化してきますが、中年になるとその性質が顕著になり、老眼を自覚するようになりますね。大なり小なり、96%の人は斜位があると言われています。

 

カメラでいえば、ピントが合っていない、ピンボケの様子です。
いろいろ並べて大げさなように見えますが、これらはすべてレーシックの契約書に書いてある事なのです。
「朝起きて見えない」という事がないので、ワールドワイドが一変したように心が弾みます。

 

なお、レーシックにより、経営者、教育者、法人員など、多くの社会人が失職している現況もあります。
短所は・光のハロ・グレア現象=光がにじんだり、まぶしく見えたりする・ドライアイまたはドライアイによる視力低下(半永久的)・色の知覚(コントラスト)の低下・手元作業の継続困難・慢性的なめまい、頭痛・自律神経失調症、鬱、躁鬱などがあげられます。

 

水晶体は通常、ピントを調整するために厚さをすり合わせするパフォーマンスを持っているのですが、年を経るごとに老朽化によって硬くなってきます。
手術を受けるのに前向きになれる要件としては、「斜位がない」ことです。
レーシックによって表面を削るだけでは如何にしようもないのです。

 

目への執着が強くなり、栄養・睡眠・体内時計のサイクルなどが狂いスタート出来ます。

 

ところが、水晶体や角膜(眼球を覆っている一番外側の膜)がゆがんでしまうと、網膜とは違う位置で焦点が結ばれるようになってしまいます。
それだけ危険性が高い手術だという事です。
※半信半疑の方は、オンラインを検索してみてください。

 

人の目は、視覚情報を網膜に映す事で認識しています。
その上、いわゆる「老眼」は、レーシックでも治す事ができません。

 

ところで、レーシック手術を執刀する医者には、眼鏡の人が多々あるんですよ。
これが「近視」や「遠視」です。
近頃着目された、夜装着するだけで屈折異常を治療する角膜矯正のコンタクト療法「オルソケラトロジー」も同じ報告を受けています。

 

後遺症が発症すれば、描いていた未来とは正反対の暮らしが待っています。梅田でレーシック受けて成功しています。

 

軽いであれば・PC画面が見られない・運転時に目がかすむ・トンネルが怖いなどといった症状で済みます。
きっかけ不明の目の苦痛に襲われる事も多く、私のところへは毎日話し合いのメールが届き、胸の痛い考えでいっぱいです。

 

レーシックの被害事例ナンバーワン多々ある例の「光過敏」からはじまり、ひどくなると・室内でのサングラス使用・昼間の外出不可・引きこもり・鬱(うつ)の流れで発症していきます。
※「きっかけ不明の目の苦痛」と記述すると決して大ごとではないように思われがちですが、あなどる事なかれ。

 

レーシックとは、視力を回復というより復旧させる手術です。

 

ただ、オルソケラトロジーはやめる事ができる、つまりやり直しがきく療法ですが、レーシック手術はやり直す事ができません。
目を隠す(暗闇の中で目を見開く)事例、黒目がまっすぐ前を向いたままの人というのは、その実おおかたいません。